事業紹介

会社概

会社概要
  • 会社概要

  • 組織図

  • 本社へのアクセス

  • 会社沿革

  • 環境への取組み

  • トップへ戻る

社名 堺鋼板工業株式会社(Sakai Steel Sheets Works,Ltd)
所在地 【本社および本社工場】
〒592-8332
堺市西区石津西町15番地
TEL(072)241-2188(代)
FAX(072)245-6585
【高石工場】
〒592-0001
高石市高砂3-11
TEL(072)268-3939
FAX(072)268-3388
URL https://www.sakaisteelsheets.co.jp/
設立 1964年(昭和39年)8月20日
資本金 3億2,000万円(株式会社神戸製鋼所80% 神鋼商事株式会社20%)
代表者 代表取締役社長 近藤 薫
従業員数 54人(2020年3月末)
事業内容 スリッター製品 レベラー製品の加工販売
営業品目 ・薄鋼板(酸洗鋼板・冷延鋼板・表面処理鋼板・高張力鋼板・高炭素
 鋼板)の剪断(レべラーカット、スリット)その他の加工および販売
・チタン等の薄板の剪断加工および販売
敷地面積 7,975m2(本社工場) 3,789m2(高石工場)
主要設備 大型レベラーライン2基、大割スリッターライン2基、小割スリッターライン4基、ボビン巻取機6基
リンク先 株式会社 神戸製鋼所 神鋼商事株式会社
ISO9001認証
ISO9001 取得
(チタン製品のスリット、レベラー及びシャーリング加工)
組織図

本社へのアクセス

石津川駅から徒歩・・・・・・・・約15分
阪神高速道路出島出口から車・・・約5分
阪神高速道路堺出口から車・・・・約15分

1964年8月 神鋼商事(株)の系列会社として設立される(資本金2,000万円)
本社工場稼働開始
No.1レベラーライン新設
1976年7月 No.1スリッターライン新設
1978年12月 (株)神戸製鋼所の資本参加および増資により(株)神戸製鋼所の関係会社となる(資本金3億2,000万円)
関西地区における神鋼直系のコイルセンターとして、冷延鋼板・表面処理鋼板の総合的な加工一貫体制を確立する
1981年1月 No.1小割スリッターライン新設
1982年12月 No.2レベラーライン新設
1986年1月 No.2小割スリッターライン新設
1986年11月 チタン薄板加工開始
1987年5月 No.2スリッターライン新設、 これによりスリット・レベラー各2系列稼働となる
1994年7月 高石工場稼動開始(No.2スリッターライン移設)
1999年11月 No.3小割スリッターライン新設
1999年11月 巻取機新設(2基)、これにより巻取機6基稼働となる
2001年6月 株主が(株)神戸製鋼所100%となる
2004年7月 No.1レベラーライン改造(高剛性6Hiマルチレベラー設置、リコイラー設置)
2005年4月 ISO9001 取得(チタン製品のスリット、レベラー及びシャーリング加工)
2006年1月 No.1スリッターライン改造(カッタースタンド、半自動刃替装置設置)
2006年2月 新社屋完成
2006年4月 株主が(株)神戸製鋼所80%、神鋼商事(株)20%となる
2006年9月 No.4小割スリッターライン新設
2010年12月 No.2スリッターライン改造(チタン疵検査装置)
2012年11月 No.2レベラーライン改造(高剛性6Hiレベラー設置、シャー更新)
2015年3月 No.2レベラーライン改造(疵検査装置)
2016年9月-17年10月 巻取機の更新
2017年7月 高石1ヤード20トンクレーン改造(巻上装置)
2019年7月 本社1ヤード20トンクレーン改造(巻上装置)
環境への取組み
素材コイルの梱包シート、廃木材、廃油など業務上発生する廃棄物は、すべて関係法令に基づき適切に処分しています。
木製スキッドは一部再利用しており、工場照明はLED化を完了し節電に努めています。